「バルブトロンボーンについて」トロンボーン教室講師によるレッスン内容紹介。

.

ノアミュージックスクールトロンボーン教室講師によるレッスンノート。

まずは気軽に体験レッスン

体験レッスンは1,000円(税別)楽器がなくても大丈夫♪ 体験レッスンのご案内

トロンボーン教室TOP > レッスンノート一覧 > バルブトロンボーンについて
.
トロンボーン

バルブトロンボーンについて

バルブトロンボーンは、音程を変えるための機構としてスライドではなく、現代の他の金管楽器と同様に3個以上のバルブを備えたものである。このバルブは現代ではピストン式が多いが、ロータリー式のものも存在する。その他の外見は一般的なトロンボーンに近い。スライド式の楽器と同様に色々な音域のものがある。19世紀前半の金管楽器のバルブ機構の発明に合わせて誕生したため、19世紀から20世紀初頭にかけてはイタリアやフランス、中欧地域を中心に広く(一時はスライド式以上に)用いられた。ロッシーニ、ヴェルディなどイタリアの作曲家の他、ブラームス、ブルックナーの作品など、この時代の楽曲の大半はこの楽器を想定して書かれたといえる。
その後、スライド式が楽器や演奏技術の向上によって復権を果たすと廃れていったが、一方ではジャズなどポピュラー音楽の世界で使われるようになり(ファン・ティゾール、ボブ・ブルックマイヤーなどが著名な奏者としてあげられる)、クラシックの分野でも20世紀終盤以降は再び使用が試みられるようになった。

.
.

トロンボーンのレッスンノート一覧

.
.
スタジオノア