「トロンボーンの歴史」トロンボーン教室講師によるレッスン内容紹介。

.

ノアミュージックスクールトロンボーン教室講師によるレッスンノート。

まずは気軽に体験レッスン

体験レッスンは1,000円(税別)楽器がなくても大丈夫♪ 体験レッスンのご案内

トロンボーン教室TOP > レッスンノート一覧 > トロンボーンの歴史
.
トロンボーン

トロンボーンの歴史

トロンボーンの歴史

トロンボーンの起源は、直線トランペット(ナチュラル・トランペット)が、S字型トランペットになった14世紀末頃だと言われています。

また15世紀に入りスライド・トランペットで半音階が演奏出来るようになったことにヒントを得て、スライドの伸縮の距離を長くしたトロンボーンの原形(サックバット)が誕生し、教会の合唱の伴奏などに用いられるようになりました。

スライド・トランペットはその後、ヴァルブ・トランペットの普及によって姿を消して行くことになりますが、現在のトロンボーンはこのスライド・トランペットの基本原理をそのまま受け継いでいる唯一の金管楽器と言えるでしょう。

17世紀になり、イタリアで現在のトロンボーンの形に近いトロンボーネ<大きなトロンバ(大きなトランペットの意味)>が活躍するようになり、当時のオーケストラにも加わるようになりました。しかし、「聖なる神様の楽器」という役割が強く、楽曲中の神聖な場面以外では使用されず出番の少ない楽器でした。

19世紀以降から現在においては輝かしく威厳に満ちたff(フォルティッシモ/きわめて強く)の音色がドラマチックな効果を生み出すのに効果的であるため、「聖なる楽器」といった役割にとらわれることなく、オーケストラや劇音楽に多く使用されるようになりました。

.
.

トロンボーンのレッスンノート一覧

.
.
スタジオノア